審神者(サニワ)せよ




いったい何故ここまでパンデミックになっているのか?

誰も冷静な判断が出来なくなり、感情に振り回されてしまっているこの状況は明らかに「霊懸かり」の様相を呈している。



日月神示 五十黙示録 第四巻 龍音之巻 第三帖 

世界中が霊かかりとなると申してあるのは今のことであるぞ、かかりてゐる世界自身わからなくなっているぞ、サニワせねばならん、サニワの方法書き知らすぞ。世界を、日本を、自分をサニワせねばならん。目に見へぬ所からの通信は高度のものほど肉体的には感応が弱くなり、暗示的となるものであるぞ、ドタンバタン、大声でどなり散らすのは下の下。神もフトマニに従わねばならん。順を乱すわけには参らん、高度の霊が直ちに肉体人に感応することはなく、それぞれの段階を経て感応するのであることを忘れてはならんぞ、下級霊は現実界と紙一重の所に住んでゐるのであるから、その感応は極めて強く、如何にも尤(もっと)もらしく人民の目にうつるものであるぞ、高度のものは、その人民のミタマの如何(いかん)によって、それと同一波調の神霊に伝達され、その神霊の感応によって表現されるのであるぞ。特別の使命をもつ天使は、最下級の霊界まで降って来て、人民に特別な通信をなし、指示することもあるぞ。また天使の霊が母体に宿り人民として生れてくる事もあるぞ、末世にはこの種の降誕人が沢山あるぞ。



波紋が広がるように恐れが恐れを呼び、不安が広がり伝わってゆく。

こういう時ほど「普段の本心」が色濃く現れる。

そして「誰かのせい」にしたがる。




毎年流行する風邪、いわゆる流行性感冒のおよそ35%が「コロナウィルス」であるという。

ただ、今回の新型コロナは全くの別物であるが。


年齢層が高い人ほど重篤化の危険があるのは、長年生きてきて何度かかかった風邪の「コロナウィルス」というものに対する『抗体』が、実は重篤な症状へと至る引き金になるのではないかとフランスのコロナ研究チームが語っている。



海外で大騒ぎしているからそれにつられて日本人も大騒ぎの連鎖を起こしているが、実際、日本ではそれほど大ごとにはなっていない。

「春節祭」の時にあれだけ中国からの渡航者を受け入れていたのにである。

それでも大騒ぎをして「首都封鎖」まで言い出している。



2018年、インフルエンザで3000人以上の人が亡くなっている。

昨年は1月だけで1600人ほど亡くなったという。

アメリカでは昨年から今年にかけて2600万人が感染し、14000人がすでに亡くなっているという。

しかし一切今回のような大騒ぎなどしていない。

なのにこの大騒ぎ・・・・・

何を見て騒いでいるのであろうか?

何を見て・・・?


自分の行動の中にその答えがある。




政府の公式発表では毎年2万数千人もの自殺者が出ている。

原因不明となっているものも合わせれば少なくとも3万~4万人は自殺で亡くなっている人たちがいる。

毎日100人前後の人が亡くなっているのである。

なんで騒がない?




明らかに自然発生的ではない今回の新型コロナウィルス。

明らかに不自然なパンデミック。


霊を、神を【審神者(さにわ)】するように、現実も【審神者】することである。

現実の審神者が出来ずして神や霊の審神者など出来るはずがない。

そして・・・・

自分を審神者せずして何ものも審神者など出来はしないのである。






癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000