伊和の御魂





伊和の『伊』は『意』

『意』は立ち上る思い

思いは田(かみ)心(こころ)



大己貴命(おおなむち)の己は波動なり

貴き御言の大いなる始めの火

火は霊(ひ)なり

伊和は霊和(ひわ)なり



『伊和』から『三輪』へ



三輪の『三』は『身』

『意和』の『身』が『身和』なり

ゆえに大物主(おおものぬし)は神の器

物の主と名付くる


身は水なり

火水(ひみず)和合し『火水(かみ)』となる




御形は『三形』

三つの形(かた)

大己貴命(おおなむち)

大物主(おおものぬし)

さらに【大国主】なる三つの形

同じに非ず

別に非ず




八重垣護りし【事代主】

【少彦名】の黄泉姿



地に分かれ降りた【撞の神】

伊勢のサヨリ

厳島のタキツ


三女神の最後の女神【田心姫】

一宮の 八重垣の中 鎮まれり

【撞の神】の最後の伊和戸開きたり




御形は三形 三種の神器


命(みこと)

器(うつわ)

柱(はしら)


勾玉 鏡 剣なり

石板 壺 杖なり


三つ揃いて三形成る




最後の柱 出雲に在り

八重垣の中 鎮まれる

黄泉の世界の大王なり


最後の柱と共に在り






癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000