『グレン』 厳島に呼ばれて・・・




昨晩・・・・

静かな宮島の海辺でライトアップされた厳島神社を眺めながら、島の【大元の神】とずっと語り合っていた。





『ところで、何しに来た?』

「??・・・・呼びましたよね?」

『ああ、確かに呼んだ。で、何しに来た?』

のっけから戸惑う

『では言い方を変えよう。何を求めて来た?』

「・・・・・・あ!!」


確かに「何か?」が起こるのを期待して来た自分が居る。

その思いに対して

『何を求める?すでに在るのにこれ以上何を求める?』

まだまだ力不足という思いがある。

だからもっともっとと求めていた。


『力とな何ぞや?』

「力とは・・・・」

自分に足らない力を想像していると

『すでに充分与えてある。神は与えっぱなしじゃぞ。』

それでも全然足りていないように思う。


『目の見えんものはちゃんと耳で鼻でものを見る。それはその者の力じゃ。』

『目に見えると耳や鼻で見えるものが見えんようになる。』

「なるほど。」

『で、何しに来た?』

「だから呼んだから・・・・あっそうか!」

『そうじゃ。見えんでも見えとるわけじゃ。聞こえんでも聞こえとるわけじゃ。』

確かにおっしゃる通り・・・・

『おぬしが思う力はさしたる力ではない。それで何が出来るというのか。たいしたことは出来ん。神の本当の力とはそんなものではない。』

人が【奇跡】と思うような数々の力など、この神にかかったら本当に大したことではないだろう。


『必要ないものは無いほうがいいから無いのじゃ。あると困るから無いのじゃ。わかったか。』

「よくわかりました。」


『ではもう一度聞く。おぬし、何を求める?』

「あなたを」

『そうか、では磨け。御魂をとことん磨いて水晶玉とせよ。光を十方に届くように一点の曇り無く。四方八方と縦横で十方じゃ。それで上下がグレンと成る。やってみよ。』

「・・・・・・・グレン(^^;)」






「珠とは?」

『満珠(みつたま)干珠(ひるたま)とは力の珠じゃ。潮が満ち干きする力。月と地球(ちだま)にある力。月には豊玉姫、地には玉依姫。引き合う力の神が調和を保っておる。』

『真澄珠(ますみのたま)は地球(ちだま)の霊(ひ)。すべての物に霊(ひ)がある。地球も同じ。初めに霊(ひ)が生まれやがて身(み)が出来る。日月の理(ことわり)、火水の理。

地球の霊(ひ)は水晶玉の如き真澄の珠であったが、それが今では曇り濁りどうしようもなくなっている。』

「地球の霊(ひ)からどうやって今の身(み)となったのか?」

『月星の身を頂いておる』

「なるほど・・・満珠干珠ですか。二人の姫はもしかしてかぐや姫?」

『かぐやは一人月に帰ったの。それゆえ月と地は調和となった。』

「・・・・・・・・・・」

いろいろ想像していると、こちらのの想像に答えるように

『よいか、グレンじゃぞ。』

「!!・・・・・・・・・・・」

真澄の珠と満珠・干珠が動くとき【グレン】と天地がひっくり返る。

地球の霊(ひ)である真澄珠を水晶玉の如くするために・・・

再び『グレンじゃ』

それだけ・・・・・






『神話は過去のことであるが未来でもある』

「・・・・?」

『現世(うつしよ)では時間は一方的なれどこちらからは違う』


『因縁の御魂とはなんの因縁じゃ?』

『そもそもお前は誰じゃ?以前ここへ来たときに言ったから知っておろう。では因縁の御魂とはなんじゃ?』

「・・・・自分に関係のある因縁。その時の因縁。」

『それは過去でもあり未来ともなる』

「過去を繰り返すと?」

『そうではない。過去と未来の結びじゃ。』

「・・・・・?」

ますますわからない


『語られる神話や話が【型】となり【ひ】が出て【み】となる。』

「!!」

『グレンと結びじゃ』

「・・・・・・・・」

『どうじゃ?因縁の御魂とは?』

・・・・・・・

『型を出せ』




翌日になっても時折対話になる。

思いに思いが返ってくる。



ほんの一部ですが昨日今日の対話のやりとりです。

疑問を追いかけ何がしか辿り着くと思いが返ってくる。

そんな対話が続くのかもしれません。


また追って書いていきたいと思います。





癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000