【ペルソナ】から【Yuragi剣龍】へ そして『龍神の会』へ





人の性格に良し悪しはない


それが昔手がけた人事管理の新しい形として提案した【ペルソナ】の基本理念



これはなにも思想や理想ではなく、心理学的な見解からの「事実」にほかならない。

人の『性格』というものは一種の行動パターンにすぎない。

他人それぞれの行動や言動、つまるところ思考の『癖』が『性格』である。

そしてその行動パターンは後天的に形作られるものが多い。


成育過程における幼少期から成人するまでの中で、特に『両親』および『両親に付随するもの』とのかかわりの中で形作られる。


そんな性格の『癖』は、精神状態の如何によって現れ方が違ってくる。

精神状態がすこぶる良ければ現れる性格の癖も良く、精神状態がすこぶる悪ければ現れる性格の癖は悪くなる。

つまり、性格の良し悪しはその根底に『精神状態』の良し悪しがあるということ。

そして『精神状態』を不安定にさせる何らかの『要因』があることを示している。


それがしっかりと理解出来れば、行動や言動がよろしくない人に対しても「精神状態が良くないからだ」と思えるようになり、さらには「何か嫌なこと、辛いことがあったのだろうか?」と思えるようになる。


嫌な言葉や行動を目の当たりにして「あいつ性格が悪いな・・・」と敬遠していた相手に対しても「何かあったのか?」という言葉をかけることが出来るようになる。



全く見ず知らずの他人であれば『関わらない』ことも出来るだろうが、会社や学校、その他人の集まりが決められた場所では『敬遠』することもままならない。

それならば、相手をより知ることで調和する道を作ればいい。


また、それは同時に『自分を知る』ことにも繋がる。

むしろ『自己認識』のほうが大切かもしれない。


自分をより深く知ることで他者もより深く理解できる。



【ペルソナ】とは簡単にいうとこのようなものです。




曰く

 彼を知り己を知れば百戦殆ふからず。

 彼を知らずして己を知れば一勝一負す。

 彼を知らず己を知らざれば戦ふ毎に必ず殆ふし。


これは【孫子】の兵法の一節

自分を知り相手を知ることで【無駄な争い】を無くすこと

それが根底にある理念です。



そして

 百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。

 戦はずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。


これが【最善】であるとの考えからです。




人の『尊厳』をとことん大切にする・・・

本来、リストラなど全く必要なく人の能力を最大限引き出し、組織が組織である所以であるところの『チーム』の能力も最大限引き上げ得るものと思っています。


この【ペルソナ】の求めるものはただ一つ


知ること


自分を知ることで他者を知る

それだけで人は調和へと向かいます。



そうして現在、この理念を元に行っているのが『Yuragi剣龍』

自分を知るために

自分の真ん中を知るために

自分の生を知るために


そうして自分を知ったとき・・・

他者を理解し始めるでしょう




そんな理念のもと始めようとしているのが【龍人の会】(仮名)です。

自分を知り他者を知る

教えも戒律もなく自ずと【調和】する人の雛型として

そんな会にしたいと思っています。


25年も前に生み出したものですが

たぶんようやく時代が追い付いてきたのだと思います。



癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000