心の羅針盤




人は誰しも『羅針盤』を持っている

しかし心曇り、散らかり、目を伏せてしまうため

羅針盤を見失う



羅針盤とは羅神の盤

宇志採羅根真(うしとらのこんじん )大神の盤

それは国之常立神(くにのとこたちのかみ)の盤

閻魔大王の浄玻璃の鏡



誰もが心に持っている

にもかかわらず見ようとしない

心曇り見えない

鏡曇り見えない




掃除とは

心の曇りを祓うこと

心の隅々までしっかりと見つめること


魂を磨くは鏡を磨くこと

鏡の曇りなく生きること



誰もが持っている羅針盤

それが生きる道しるべ



この現世界を創りし神

言葉を創りし神

国に常に立っている神

全ての人の鏡となる

国常立大神の鏡

羅神の鏡

羅針盤である