剣の章 【剣龍】




山河に宿る龍神の力を封印し

その力に禍霊(まがひ)を寄せて

今まで私利私欲のために利用してきた

社を建てて狐狸や蛇霊を依りつかせ

龍の力を奪い己の力と為して

様々な欲望に利用されてきた

昨年来、そんな場所を浄化して回って来た


神聖な龍神のエネルギーの周りに住み着く狐狸や蛇霊は「人が呼びし我欲の成れの果て」となっているのをこの目で見てきた

それゆえエネルギー渦まく神聖な場所は混沌と化してしまって

もはや神が寄り付く場所もない


徐々に神の宮は「人」へと移行している

神を顕す人も出てきた

そういう人にとって【龍】のエネルギーは神聖さを現す


しかし

心に我欲が散らばり掃除できなければ

授けたその【龍】のエネルギーに狐狸や蛇霊を寄せ付けて

昨今のパワースポットの如き「堕霊の巣窟」となりかねない

気付けば我欲の人に囲まれて身動きが取れなくなることもあるだろうと思う


幸い今まで【龍】を結んだ人の中に、そのようになってしまう人はほとんどいない

しかし「皆無」ではない



地球自体が次元上昇し

幽世との狭間が薄れつつある今

神も近づいているが「闇」も同時に近づいている

それゆえ上と下の【引き合い】が激しくなり

『心の我欲が多ければ、それに依り憑かれ上がりたくても上がれない』

そんな状況に陥ってしまう


【龍】は黙って神のもとへ引き上げてくれる存在ではない

「上へ上がろう」という意志があってはじめてその力となるもの

人の選択次第で天へも行ければ地の底へも堕ちられる


力の代償


それをしっかりと心に刻んで自分をブレさせない「強い心」が求められる



だからここからは誰にでも龍を授けることは出来ない

ブレない心を持てなければ授けられない

「上へ上がりたい」人の助けとなる人にしか授けられないということ

禍霊を寄せ付け「上がる人の足を引っ張る」力にするわけにはいかないからです



ゆえに【龍の章】を終わりとして

【剣の章】へと移行します



心をブレさせず自分の【剣】を見つけるのをサポートし

そのうえで【龍との結び】を行いたいと思います

【剣】を見出した時

その【剣】に【龍】を授け

【剣龍】と成せるようにしたいと考えています



詳細はもうしばらくお待ちください


取り急ぎ記す・・・・・





癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000