魂の選択




次元が上昇するということは

神の世界にそれだけ近づくということ

多くの気付きや現象は

上の次元と近づき重なりはじめた証(あかし)

それゆえ顕れる現象や力に「神を見る」こととなる


しかし

それは「幽世(かくりよ)」に近づき重なりはじめたということでもある


神々の息吹を感じるのと同じように

闇に潜む住人の息吹も身近となっている

どちらの息吹が顕れているのか

前例がないからわからない

しかし垣間見る奇跡はかつてない喜びをもたらし

光と闇の区別を超えて

「神」を見出さず「神」を当てはめてしまう


「わからないから仕方ない」

そんな自己正当化が「奇跡」や「力」に魅了された心を慰める



善なる神々は

人の魂を穢す奇跡も力も与えない

魂を穢せば

彷徨い離れ行くから

神々の願いは

魂が神世に上がり来ること

だから魂を磨かせる


神々から与えられし力や奇跡は

すでに手の中にある

しかしそれに気付かづに

色鮮やかな光に魅了され

妖(あやかし)の力や幻想に惑わされ

「闇の光」に囚われていることに気付かず

魂はさらに曇りゆく



次元が上がるということは

次元の幅が広がるということ

上のみならず下にも横にも広がる

下に広がるも「次元上昇」である

幽世の闇の住人に近づくのも「次元上昇」である



より近づいたため

上と下の引き合い激しく

これからますます混沌となる

どちらに「神」を見るかは自分次第

どちらに向かうかは自分次第

その判断基準はすべての人が持っている

誰の心の中にもある「良心」の灯り

それを顕すか隠すか

その選択である


誰のせいでもなく

何かのせいでもない

誰もが答えを知っている

なのに知らないふりをするか

心のままに・・・とは?

心の真ん中にある「誠」のままに生きるか

心にちらかる「我」のままに生きるか

その選択である


全ての人に問われる

一人一人に問われる

そして一人一人が自分で答えを出す

どこかに正解があるのではない

正解も間違いもない

ただ「選ぶ」のみ

言葉のおぼつかぬ赤子でも選べる


【魂】の選択が始まる





癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000