剣なり




素戔嗚大神は

天照大御神(生・創造)と

月読神(死・破壊)の狭間にある【剣】


天地が乱れ地上が荒れ破壊された

しかしそれは創造の理(ことわり)

新たな巡りの始まりの前に

必要不可欠な破壊である

全ては愛

そのはずだった


しかし人は情けを求め

神々も情けを求め

神を呪い

過去を呪い

今を呪い

未来を憂いて神を取り換えた



神の世界で起こったことは

そのまま現世に顕れる

太陽神がのけ者にされ

新たな神が立った



神界で押し込められたのだから

現世に降りて来るはずもなく

現世でも

太陽神は岩戸に隠れ

騙して開いて別の神が顕れた



神界の新たに立った神は

他の神々を一切認めず

現世からも排除した




しかし・・・

理(ことわり)を外れた世界は

どんなに光を放っても

むしろ光を放てば放つほど

闇が色濃く放たれる


善の教えの光は

闇を照らし出し

まるで呪いのように責めを産む

まるで闇が無くならないように

照らし続ける



人も神々も

善成し悪成し生きている

それは

創造と破壊の巡り

それが恵みを生むがゆえ

弥栄(いやさか)となる


しかし破壊を悪となす教えは

恵みの巡りから外れ

産み出す現実は

仮想の現実となり

増えたように見えて何も増えず

滅したように見えて何も滅さず

生まれるは泡ばかり


身削ぎ(禊ぎ)で生まれるものには限りあり




三相一体になりて

陰陽和合して

元の先の世に還す

三千世界に咲く花は

剣なり





癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000