言霊レトリック




例えば・・・

人はある種の病を『薬』無しに自ら治してしまう。

自然治癒能力である。

これが過去に実証された。

しかし・・・

『薬無しで治る』とは言えないために【プラセボ効果】という言葉が生み出された。

その言霊のレトリックにより自然治癒能力が、さも『たまたま起こったこと』や『例外的事象』として印象付けられたりする。


事実としては『治癒が立証』されているわけである。

しかし、どのような力学が働いたか、『例外的事象』として扱われることとなる。



例えば・・・

空想は想像であり妄想であり幻想である。

幻視であり幻聴であり幻覚である。

そこに現実はない。

そんな言霊のレトリックによって、次元の違う『現実』が排除された。


空想の想像は『別空間』での『創造』となる。

幻想、幻視、幻聴、幻覚は

現創、現視、現聴、現覚では?




五感を高めていけば、空間認識力は高まる。

そしてそんな五感の先に『次元認識能力』が開く。


研ぎ澄まされた感性が感知するものを

研がれない感性の者が語れば

当然、感覚的情報量が少ないため

認識できない。

その【認識できない】を

【無い】とする

そのために様々な言霊のレトリックを用いるわけである。



研ぎ澄まされた感性が

『知性』の時代にはとても厄介なものである。

ゆえに

『感覚=不確かなもの』として排除してきた。


知性は立証できるが感覚は立証できない


そんな言霊のレトリックも用いられている。




しかしながら

知性で立証したつもりになっていても

それはあくまで「数字や文字や記号」で合わせたもの。

それは「ひとまずの整合性」であり

絶対的なものではない。

だから年月とともに常識は覆り続けるわけである。



感性を立証しようとするとき

【整合性】を取る。

繰り返し同じ感覚の事象が起こる

同時に他者と同じ感覚を共有する

同時に同じ【幻想】と呼ばれるものを見たり聴いたり感じたりする。

その他様々な【整合性】の取り方がある。

それは「事実の積み重ね」であり、いわゆる【臨床】と呼ばれるものとなんら変わりはない。




多くの人は「現実主義」でもなく「理想主義」でもなく、どちらかというと「権威主義」となってしまっている。

「されてしまっている」と言ったほうがいいかもしれないが。

つまり「権威者」の言葉が絶対であり、疑う余地がないということである。

だから疑うことを最初からしない。

『これが現実』と権威をもって言われたことを信じる「権威主義」である。

だからといって何でも疑えばいいというものではないが・・・・





昨年5月に天王星が牡牛座に移行した。

牡牛座は【五感の星座】です。

12星座中もっとも自分の五感を信頼している星座と言えるでしょう。

だから天王星が牡牛座に移行して、次の星座に移るまでの約7年間ほどを

【感性の時代】

と評しました。


知識で叩かれ、権威で叩かれ、言霊のレトリックという【知】に偏った支配が、今後7年をかけて変貌していくでしょう。

権威者が何と言おうと、知識で何と言われようと

自己の【感覚】への絶対的信頼

それが揺るぎない【自己信頼】へと繋がります。


【自己信頼】を知識と権威で取り上げられてきた過去と決別する!


その覚悟が盤石な【自己信頼】を生み出します。

いくら言葉巧みに論理を構築されようとも、自分が確かに感じているもの、見ているもの、聴いているもの、味わっているもの・・・

その確たる【事実】への信頼が【自己信頼】となっていきます。


その信頼を高めるために、一つ一つ【整合性】を取りながら、事実を積み上げていくことで、本当の現実、真実が明らかになってくるでしょう。



五感を研ぎ澄まし

五感を味わい

五感を楽しむ


その先に次元の扉があり、神へと繋がる【岩戸】がある。

その【岩戸】を開けるのは

誰でもない

自分自身なのである。



龍たちが飛び交う世界

神々が寿ぐ世界

それは

目の前に

耳元に

鼻先に

舌先に

肌が触れる

『ここ』にあるのだから





癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000