続、神の光

レッテル上等
後ろ指上等
陰口上等
村八分上等

どこぞのヤンキーのような言葉ですね😊





人は【始めから汚れて】見えるものには見向きもしません。
汚れてないものに【ほんの少しの汚れやシミ】を見つけたとき、ハイエナのように群がります。

『綺麗なものを汚す』

それが【快楽】であるからです。




中世の魔女裁判は形を変えて現代にも連面と続いています。

攻撃して抵抗するものには【遠巻き】で眺めながら、石つぶてを投げて、やがて群がり貪り己の中の【獣】に支配される。
【欲望】の捌け口を【正義】にすり替えて、【穢れ無き魂】を汚れた手で振りかざし、自らの穢れを擦り付ける如く【偽善の獣】に支配されゆく。

『みんながするから』
『やらないと自分がされるから』
『仕方ない』
『でも間違いではないから』
『私が言ったんじゃないから』

数々の言い訳を心の中で反芻しながら、神の光たる【良心】を覆い隠してゆく。


光を失った心は当然【闇夜】となる。
【闇夜】となれば【魔】が現れる。
その【魔】に翻弄され気付けば己が【魔獣】と化している。


まさに【魔女裁判】は【魔獣】を炙り出す裁判である。

【魔獣】と成り果てた【魂】は何処へ行くのやら・・・・
どんなに【神の名のもとに】行おうとも、【神】すら穢した魂がどうして【神の御胸】に抱かれようか。
己の【神】を塞ぎ隠し、【魔獣】を【神】とした魂の【光】は、漆黒の太陽となるのだろう。


【神の光】と【闇の光】
それは人の心の中にある
その心を【神界】とするも【魔界】とするも選ぶのは自由である。

己の心に【神】を見出ださねば、外に顕る【神】はわからず。

それが【閻魔の裁き】


選ぶのは自由である。



【神の光】を隠されぬよう・・・・・


・・・・・・


中世の魔女裁判が広がった背景には【お墨付き】という要素があった。

これが非常に大事なところである。

神学者や教会側が魔女裁判に【お墨付き】を与えた。

それはまるで【神】のお墨付きをもらったと錯覚させるに値する。

だから人はいとも簡単に【魔獣】と化した。


『だから仕方なかったからいいんだ!』

などという理屈は通用しない。


神の光を塞ぐ『理由』に歓喜して己の『快楽』に走っただけである。

誰のせいでもない、自分で決めたことである。



現代でもそんな【お墨付き】が空手形のごとく連発されている。

そしてそれを『理由』にして自らの手で【光】を塞いでいる。

そして【お墨付き】を理由にどんどん闇が広がった。



光を外に求めるなとはこのこと。

自分の中にある。

誰にでもある。

しかし心を曇らせ光を塞げば【魔】が顕れる。


【獣】となるなかれ






癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000