富士の姫様に導かれて



丹波の山峡に佇むキレイな三角形の小さな山

【小富士山】と呼ばれるその山は関西に三つあり、そのいずれもが真上から見たときに【勾玉】の形状をしているという。


この【小富士山】が所在しているのが丹波市春日町というところ。

この『春日町』は【春日局】の出生地でもあります。



丹波の【小富士山】を東西南北と取り囲むように神社があります。

北の【鴨神社】

主祭神は【鴨別雷神(カモノワケイカヅチノカミ)】

歓迎されているようです( ´∀` )🐉



西の【鴨神社】

主祭神は【天照皇大神(アマテラシマススメオオカミ)】

配祀神に【鴨皇大神】【神大日本磐余彦命】

しんと静まり返った境内は穏やかな空気に包まれて心地いいです。




東の【小富士山神社】

主祭神は【受母知神(ウケモチノカミ)】

 配祀神に【厳嶋比売命】【加具土命】【奥津彦命】【奥津比売命】【菅原大神】




南の【阿陀岡神社】

主祭神は【吾田鹿葦津比売命(アタカアシツヒメノミコト)】

またの名を【木花開耶姫(コノハナノサクヤヒメ)】と言います。

陽光が眩しいくらいです。



この小富士山におられる神様に呼ばれて4か所の神社を回ったのですが、この【阿陀岡神社】で手を合わせたとたん

『渡すものがあります・・・』

という優しい波動の言葉と共に

「オレンジ色の光」がふわりと降りてきた。


「・・・何を渡されたのだろうか?このオレンジ色の光は何かな?」


考えてもわからない。




そんなこんなで帰ってきて、一応は調べてみましたが全くわからない(◎_◎;)

「そりゃあ調べて分かるものでもないか・・・」


そして4日後・・・・

湯船に浸かりながら「何を渡されたんだろう・・・?」とぼ~~っと思いに耽っていて

「はっΣ(゚Д゚)!!」となる。

渡されたものに気付きました。


昨日からヒーリングの『浄化』をするときに、何故か無意識に第一チャクラからエネルギーを押し上げていました。

いわゆる『クンダリーニ』です。

そして本日も何故か無意識にクンダリーニのエネルギーを上昇させている・・・



おととしの夏頃・・・・・

突然開花した【クンダリーニ】

多くの人が求めても挫折するほどのクンダリーニの開花

それをこともあろうかすっかり忘れていた(^_^;)




少し前から【浄化のヒーリング】の時に、意識をかなり上昇させて【愛の炎】のようなところに接続してから【浄化】をしていました。

正直、かなりしんどいです(-_-;)


おそらく・・・そこの神様

【愛の炎】のような【木花開耶姫(コノハナノサクヤヒメ)】

『こやつは一体何をしているんだ?面倒なことをして・・・・』

と、見るに見かねたのでしょうか。


『そんなことわざわざしなくてもよい。自分の身体で浄化出来るのだからそうせよ。』

ということで、長い間放置していた【クンダリーニ】に火をつけてくれたようです。

「オレンジの光」がそれですね。



で・・・・

そんなこととはつゆ知らず、無意識に使い始めていました(^_^;)


どうりでこの2~3日、やたらと姿勢を気にしている。

姿勢というより背骨です。


そういえば、姫が融合してきた直後は、やたらと背骨を矯正するかのように毎日「バキバキ」と鳴らされていました。

まるで【龍】がうねる如くに背骨をうねらせてエネルギーの通りを改善していたのを思い出す(^_^;)

それをこの2~3日再びやっている。




やっと・・・・

が使えるようになりました。

水だけでは『流れる』だけ

火だけでは『焼ける』だけ

それはそれで用は為しますが・・・・

単なる【祓い】となるだけ

けっして【大祓】ではない


火と水で風が起こり、恵の雨がもたらされ、綺麗な【清流】へと「還す」ことが出来ます。



火水(かみ)の成す業(わざ)

火風水(ひふみ)なり

調和の清流へと還す【大祓】の業である




・・・・・・・それにしても

この【優しくも激しい】導きの言葉も【木花開耶姫】様でしょう






癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000