【Yuragi桜傾】の【浄化】ヒーリングについて






ヒーリングに於いて人にエネルギーを与える・・・というか注ぐという場合、単にエネルギーの媒介になるだけなのですが、

人の負のエネルギー浄化するには必ず「自分の肉体」が浄化のろ過装置となります。

感情のエネルギーであれ肉体の滞留したエネルギーであれ、それを”循環させる”あるいは”写し取る”ことで浄化が行われます。


それを【癒奏術】では【水月の法】と呼んでいます。

月を写し取るための自分の心と身体を【水鏡】の如く静め、歪みのないよう真っすぐに写し取ります。


ハートだけでなく体の場合も同じです。

(絵が雑で申し訳ありません(^_^;)



この後にエネルギーを循環させながら、こちらに取り込んだ負のエネルギーを浄化していきます。


浄化は天地をつなぐことで身体が浄化の触媒となって、形を変えて天地へ巡ります。


この際【チャクラ】が重要になってきます。



これが【Yuragi桜傾-Ouka-】の【浄化の大祓】のエネルギーサイクルです。

さらにここから【龍】のエネルギーが動くわけです。


その【龍】エネルギーと【クンダリーニ】のエネルギーが共鳴すると、ものすごいエネルギーとなります。

ですがこれは消耗が激しいので滅多に使いません。



浄化には人の身体を使います。

イタコと呼ばれる方たちも、肉体のエネルギーが消耗するので、地震の浄化のためよく眠ると聞きます。


輪廻転生も同じような意味合いがあると聞きます。

転生して魂を浄化する。

そのために肉体を得るわけです。


ですが、転生すると魂の記憶は無くなります。

そこで更に魂を汚してしまう・・・

だからそうならないよう【導き】があるわけです。


それでも人は【神の精】を持って生まれています。

【精神】と言われる所以ですね。

ただ、それをも見失うと導きともつながらなくなり、どんどんわき道に逸れて魂を汚してしまうこととなる。



【魂の浄化】とは

自らの心と肉体を浄化し、人生を浄化して、自らの魂を【神】へと近づけていくことだと思います。

『人には【神】ともなれる魂を授けてあるのに・・・』

これが【神】の言葉です。

『あるのに・・・』

この哀しみがわかるでしょうか。



キツネやタヌキやネコやヘビが【神】となっているのに、人が【神】となれないというのはどういうことか?

肝に銘じておかなければならないことだと思います。








癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000