最初の勇者となれ!

神々は待っている
1人でも多く『繋がるもの』を
待ちわびて
待ちきれず
それでも待っている
人が自らの意思で向かってくるのを


憧れはどこにある?
自分の真ん中にある魂は何を望んでいる?

もっとロマンティックに

もっとドラマティックに

もっとワイルドに
もっとファンタジーに


誰もが当たり前のように憧れていた生き方があるだろう?
それは、意図も簡単に思い出せるだろう?
知っていて何故見ないふりをしている?


憧れのなかに飛び込み
憧れを追い続け
憧れを作り出せ


『馬鹿になれ!』と神々は言う
それは、人の身体は魂の乗り物
だから身体を『魂の乗り物とせよ』ということである
魂が自らの肉体を『馬や鹿』のように『乗りこなせ』と


『利口にならなきゃ』と人は思う
他人に誉められ
他人に羨ましがられ
他人に後ろ指を刺されず
他人に陰口を叩かれず
そんな『利口者』にならなきゃと

それも人生
それはそれでいいでしょう。


『馬鹿になる』には『恐れ』を克服しなければならない
誉められず
蔑まれ
後ろ指を刺され
陰口を叩かれる
その『覚悟』が必要だから


ただ一つ
『誰のために生きている?』


そんな『自裁の声』に蓋をして心の奥に押し込めても、決して無くなることはない
何故なら
『それが魂の声』だから


神々は『今か今か』と待っている
あなたのすぐ真後ろで

心の中の『焦燥感』は
神々と繋がる魂の声
『ここにいる』という魂の声
『早くここへ来い』という魂の叫び

自分の人生を『冒険』して誰が困る?

後ろ指を刺され
陰口を叩かれ
それで困ると思っていたら大間違いである

実際は
誰も後ろ指を刺せない
誰も陰口を叩けない

何故なら、後ろ指を指し陰口を叩く『自分』が惨めになるだけだから
何故なら『そんな人生をみんな憧れているから』
だから惨めになり空しくなる

誰もが憧れているんだよ
ロマンティックに
ドラマティックに
ワイルドに
ファンタジーに生きることを

でもそれを本気でやられてしまっては
自分が惨めになる
だから後ろ指を誘うとし、陰口を叩こうとする
でも実際はできない
『羨ましい』と本心では思うから


後ろ指を刺す人の魂を見よ
陰口をたったく人の魂を見よ
そこには『憧れ』あるのみ


あなたが憧れる生き方は
あなただけが憧れる生き方じゃない
誰もが憧れる生き方なのだと
知っているはずである

そんな憧れの人生へと飛び込む
最初の『勇者』となれ
恐れ戸惑う友や仲間を引っ張る
最初の『勇者』となれ


魂は待っている
神々は待ちわびている
常にあなたの真後ろで
今か今かと
帰ってくるのを・・・・・

あなたが本気で魂に向かうなら
あなたが本気で神々へと向かうなら

あなたが本気で恋するなら


必ず繋がり
必ず結ばれる

そして・・・
私が必ず結びを約束しよう



【一事が万事】

 たった1つのことも本気になれないなら、万事本気になれるものはない。 

本気になれる1つを持っているなら、万事本気になれる。 

自分の【本気】を知っているなら、恐れるものなど何もない。 

何故なら【本気】を出した人間は、とてつもない力を発揮できることを知っているから。  


この【本気】を出させないことが、人を支配する権力の知恵です。


何事にも本気を出さず、本気を出せず燻って

本気の人を嘲笑し、後ろ指を刺し陰口を叩きながら生きるか

そんな者たちを捨て置き、本気で生きるか・・・




癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000