パンドラの箱と玉手箱 【八咫烏 その壱】




どうしてもわからない謎がある。

頑なに『秘匿されていること』がある。

それは『触れてはいけないパンドラの箱』なのかもしれない。

しかし、『開かなければ真実は見えてこない玉手箱』なのかもしれない。





第二次大戦後、敗戦した日本に進駐していた米軍のGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、敗戦処理を行う傍ら、様々な内政干渉を行っていくつもの『装置』を残して出ていった。


一見、自由を取り戻しているかのように見える戦後の日本ではあるが、見えないところで『装置』が働いていて、まったくの自由国家とはなっていない。

情報操作、情報の秘匿

米軍人の治外法権

内政干渉

政治家、官僚の紐付け(アメリカに対する紐付け)


未だ学校の教科書は『検閲』され、日本人の『芯』となる『精神性』を砕き続けている。

歴史の弯曲、曲解

使えない英語教育

日本語の破壊


このようなことを延々と行われてきている。




以前は『影に隠れるように』これらのことをしてきていたが、数年前からは『あからさま』に行うようになっている。

もはや『隠す必要がない』ところまで来ている証拠である。


これだけあからさまに行われている数々の事を、目の前に晒されているにも関わらず、まるで何事もないように日本人は平然としている。


『見えていない』


目の前に明らかにあるものが『見えていない』

それは、今までのアメリカの日本に対する工作が『完全に実った』証でもある。





では何故日本の国家機関が、政治家や官僚が、財界人たちが、これらの成り行きを『見ているしかなかった』のだろうか?

一般の国民がわからないというのはわかるが、国家を預かる政治家や官僚たちの上層部や、昔から日本を支えてきた財界人は『知っていた』ことのはずである。

国家運営をする側の人間が、これだけ邪魔があればまともに運営出来るわけがない・・・というくらい内政を干渉されている。


それを

『甘んじて受けていた』

としか考えられないのである。


それは、

『甘んじて受けざるを得ない理由』があるから・・・


ということである。




では、何をもって『甘んじざるを得ない』状態に置かれ続けてきているのか?


恐らく、それが『パンドラの箱』なのだろうと思う。

敗戦後の交渉で『何か』があった。

その『何か』のために未だに『進駐』され続けていることを『甘んじて受けている』

ということなのだろう。



国民に絶対に『触れられたくないパンドラの箱』

しかしそれは、『開けねば終わらない玉手箱』でもある。



終わらなければ始まらない


新しく始めるためには、やはり終わりが来なければならないのが道理



ーーーーーーーー


ここまで書いて

「あぁ、それで渦なのか。アメノウズメなのか・・・竜宮の乙姫なのか・・・・・・」

近頃の導きの連続と結びついています。


この【八咫烏】シリーズが導きであることがよくわかりました。

下賀茂神社にも呼ばれたところですし(笑)


ーーーーーーーー



話を戻します。

この『開けてはならず、開けねばならず』の箱の正体。

それはひとまずこのままにしておいてシリーズを進めていこうと思います。