【龍】と【人】を【結ぶ】ということ





この世界はそもそもが大元の【龍神】が生み出した世界であります。

それゆえに世界を『根本』から建て直せるのも【龍神】である道理です。


大元の龍神とは【国之常立神(くにのとこたちのかみ)】

大地を生み、海原を生み、風を生み、生命を生み出した神です。



【龍】と【人】の結びを行うことは、世界を建て直す【柱】となること。

その【柱】は簡単に動じてはならず、しっかりと『自我と真我が和合した魂』に支えられていなければなりません。


自分の足で立ち、自分の道を歩む人。

それが『動じない』柱を建てられる条件なのでしょう。




『情熱無き者寄るべからず』

その言葉を放つ【姫】には万感の想いが込められているでしょう。


ただ道を歩くだけではなく、『人を導く』人となるため・・・

そのために【龍】と【人】を結ぶのですから。



ただ『我がよければ・・・』という人には、縁は結ばれないのでしょう。

【魂の縁】

それが【結び】には大切なのだと思います。




情熱を持って自らの柱を立てる人

【龍】と【縁】を結び

自らの奥に在る【神】と繋がって

新しい世界の導き手となってほしいと願います。







癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000