伊弉諾命の『祓い型』




日月神示 月光の巻 第一帖
なりなりて なりあまれるところもて
なりなりて なりあわざるところをふさぎて
くにうみせなならんぞ

 この世の国産みは秘答通(一つ) 面(おもて)でしなければならん
実透(みと)のまぐわいでなくてはならんのに、 面(おもて)を一つにしているではないか
それでは今度のことは成就せんのであるぞ




やがて訪れる岩戸開けのため

伊弉諾大神 神の『型(役)』を生む

新たな世界を築くため

弥勒の世界と成す神の『型(役)』

大祓いの『型(役)』なりし



千引き(ちびき)の岩戸閉めたりて

竺紫(つくし)の日向(ひむか)の橘の

小門(をど)の阿波岐原(あはきはら)で禊ぎて

大祓いの『型』を産む




八十(やそ・耶蘇)の禍事(まがこと)渦巻いて

 *八十禍津日神(やそまがつひのかみ)

大きな禍事へと一纏め

 *大禍津日神(おほまがつひのかみ)


八十(やそ)神 八十(やそ)の禍神直(ただ)し

 *神直毘神(かむなおびのかみ)

大禍事を直(ただ)すため

 *大直毘神(おほなおびのかみ)

厳の比売神(瀬織津比売) 道別(ちわき)に道別(ちわき)て

速川の瀬に流し給う

 *伊豆能売(いづのめ)


八俣に道別(ちわき)た禍事(八岐大蛇)を

上津綿津見(速秋津比売) 八潮で飲み込み

中津綿津見(気吹戸主) 禍事沈め(鎮め)

底津綿津見(速佐須良比売) 根の国へ還す



禍事祓い清めた世界

岩戸開けて陰陽結ばれ

日の世と月の世結ばれる(陰陽和合・霊身一致)



日月の神が結ばれて

日月と地(くに)が結ばれて

新たな世界が産声上げる


一二三(ひふみ・日月地)

三四五(みよいづ・御代出づ)

五六七(みろく・弥勒)の世界

富士は晴れたり日本晴れ





岩戸開いてまた閉めて

蛯子の世にして幾千年

次は蛭子を生めぬぞよ・・・・




月光之巻 第二帖
奇数と奇数を合わせても偶数 偶数と偶数を合わせても偶数であることを 忘れてはならんぞ
奇数と偶数を合わせて初めて 新しき奇数が生まれるのであるぞ
今度の岩戸開きには 蛭子こ生むでないぞ
淡島生むでないぞ


癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します