天地逆さまの歪み




日の本の国は世界の雛型

ゆえに【かの者】が探し歩いたは『幽界(がいこく)の聖地』

探して探して探り当てたその地に『栄光あれ』と

【イセ】と名付く


『イスラエルの民』の聖地

ゆえに『伊勢に栄光あれ(イセ・ラエル)』と名付く




なにもかも逆さまである

日の本の中心を捻じ曲げて

幽界(がいこく)を真ん中にした

ゆえに柱は歪んでおる



『エル・サレム』とは『平安の都』のことである

では日本の伊勢が平安の都になっただろうか?

日の本の平安の都は過去も今も常に『京』である

東京都は京都の写し・・・

東に在る京都の写し・・・である

平安の都は末代変わらず『京』

そこに『柱』なくば世界は歪む



日の本は世界の雛型

ゆえに『エルサレム』の地も『真ん中』に非ず

だから未だに争いが絶えぬ




日の本の『真ん中』を出さねば

世界の『真ん中』も現れず

幽界(がいこく)の曲がった真ん中を日の本の国に写したゆえ

以来、日の本の争い絶えぬ




【ヒノモト】を『日の本』としている限り

『真ん中』は出でず



ここは『火』の元である

そして『霊(ひ)』の元である


日月の『真中』にある『縦の柱』

それが『厳』の『火柱』

天地を結ぶ『真ん中』の『柱』

それが『大元の柱』


日月は『力』

『瑞(みず)』の『柱』

『瑞』は『水柱』

『実(み)』の元である



火と水結びて『火水(かみ)』となる

『霊(ひ)』と『身(み)』を結びて『人(霊止)』となる

世界の真ん中

火の元の真ん中

その『真ん中』はいずこや?




『平安京』は『火柱』失いて出来た都

『火の柱』なき『水の都』

『水』に『火』を組んだ歪みし都

それでは天地逆さまなり



『火』が先である

『火(霊)の元』となる『真ん中』に

『水(実)』を結びて『平安の都』なり




いつまで『逆さま』をのうのうと続けるか?




癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000