魂とは何であるか?

本当ににわかるか?



その意味がわからないまま、『魂』という言葉ばかりが飛び交う




魂とは『神』である

人に、動物に、植物に、天地すべての物に宿った『神』


それは大元の『神』

この世を創りし『神』

すべてのものに宿りし同じ『神』


それが、人だけでなくすべてのものの『真ん中』にある『柱』

それが『魂』である



『魂』に則って行動するとき

自分も他人も行動は『同じ』となる

それが為らぬのは

『魂』の己の『ずれ』であり『歪み』である


『魂』を顕す者は 行い一致す

喜びも一致

悲しみも一致

それが『誠』


寸分違(たが)わぬ『神』を持ちながら

一致せぬは『歪み』なり


『神』を見失い

『魂』を見失い

ゆえに『歪み』となる



『魂』とは

鬼が云うということ


鬼とは

節分に豆を投げられし『国常立神』


云うとは『雲』なり

鬼の『意』が沸き上がり現れた『雲』

『豊雲野神』なり



『国常立神』と『豊雲野神』結ばれて

『魂』成る


これを『出雲』という

『出雲』とは『魂』

『出雲道』とは『魂』を顕す『道』

その『道』を歩むが『誠』



『誠』の人は『魂』が現れる

自分が『誠』なれば人の『誠』自ずと解る

解らぬは自身に『誠』無きを知れ




夜明けとは

『魂』の岩戸開け

日の出とは

『魂』の現れ

『誠』の現れ

『出雲』である



『神』は『出雲』に在り

『神』は『魂』そのものである

人の真ん中

そこに『出雲』在り



自分の『魂』は

他人の『魂』であり

この世のものすべての『魂』である

ゆえに『自他』無し



『魂』に還るとき

あらゆるものと『和』す

喜びも

悲しみも

怒りも

恐れも

痛みも

苦しみも

楽しさも

心地よさも

すべて『和』す


苦しみ和して持ち合いて

喜び和して持ち合いて

『和す』が『あなない』

それが『魂』を顕す『誠』の『出雲道』




『籠目(カゴメ)』に囚われた

『神』の『岩戸』を開くのは

自身である

天照皇大神は

まだ心の『岩戸』の中

心の『籠目』の中である


八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに

八重垣作る その八重垣を



素佐鳴大神と

天照皇大神

結びて出雲の『大国主』

しかれども

妻神は未だ籠目の八重垣



岩戸開くは二分三分?

どれだけの人が『岩戸開け』なるや・・・





癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000