式神の龍


以前から『式神』を使うように『龍』を使うことがある。

それを行う時の多くは『場の浄化』

それを行う時に自然と『式神』を使うように『龍』を使う。


実際は陰陽師が式神を『使役』するようなものではなく、場を浄化するために『龍を放つ』わけである。

そのときに、決まって口をついて出てくるのが『摩利支天』の真言。


摩利支天とは『陽炎の女神』である。

そして、日本では『忍び』がよく使っていたのがこの摩利支天の『隠形』の真言。

それは、『陽炎の如く捉え難し』ということである。





陽炎とは『現象』であり、その『現象』の女神ではなく、摩利支天は実体のない『太陽の光』そのものであり、光が『陽炎』という現象を『露わ』にするのである。



実は、なぜ『摩利支天』の真言を唱えるのか全く分かっていなかったが、『准胝観音』で現れる姫の姿を知って悟った。

初めはこの摩利支天の真言で龍を「隠すのか?」と思っていたが、隠しても仕方ないであろう。

『准胝観音』も『摩利支天』もどちらも仏教では珍しい女性の仏である。

女性仏が使う天部の女神も女性となる。


つまりは『摩利支天』の真言で龍と摩利支天が和合し『太陽の光を持った龍』となり、『場の浄化』を行うということ・・・・

だったんだと最近ようやく理解した。


密教では『降伏金剛』とも言われる『准胝観音』が放つ『摩利支天の龍』が、邪悪なものを『降伏』させる『龍』と変化する・・・ということだ。



これ以外にもあちこちで使ってきました。


まあ、本当に浄化されるので我ながら驚きです。



そういったものが一つひとつわかってきた上での ↓これです。




三界共和の日の出と共に、三界共和した戦いが始まる。




癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します