文書(もんじょ) 倭姫の導き




記紀を筆頭に武内家の竹内文書、九鬼家の九鬼(くかみ)文書、宗像家の上つ文(うえつふみ)、聖徳太子の先代旧事本紀大成経、物部家の秀真伝(ホツマツタエ)・・・

その他にも数々あったのだろう。

文書による権力闘争。

我が家こそ『正統』と文書で争い、それだけでは足らず結局は殺し合い。

力でねじ伏せ最後には『記紀』におさまり一件落着。


歴史は常に勝者によって書き換えられる。

権力が末永く続くようにと歴史、宗教、法を書き換えるが世の常・・・・・・・





神を求め、しかし神と離れ、

縋(すが)る神無く哀れなり


せっかく神の詔(みことのり)

伝えたところで無駄になりし

倭(やまと)の巫女の詔(みことのり)

まこと聞き届けてくださらぬか



囚われの斎女王(いつきのひめみこ)

ゆえにお伊勢に囚われし

牛車に乗った市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

倭の巫女の姿なり


騙して捕らえた『イワトアケ』

神世とこの世の『鏡』なり



まこと厳(いつき)の天(あま)の女神は

イワトの向こうで待っている

言答(ことと)いなせば開かれたるに

未だ開けぬ言答(イワト)なり



言向け和せば事返る

言答(イワト)は神人繋ぐ御柱(みはしら)

青人草(あおひとぐさ)が真言(まこと)問いなせば

神が真事(まこと)答い返す



一二三四五六七八(ひふみよいむなや)

四方八方広がる弥栄

九十(こと)が無ければ『みろく』と成らず

上下神人『コト』で繋がりて

十方円満広がる神世の弥栄



『イワト』閉めたは何であるか?

そは『文書』なり



・・・・・・・


後で系譜を調べたところ

丹波道主王(たんばのみちぬしのみこと・祖父)ー日葉酢媛命(ひばすひめのみこと・母)ー倭姫命(やまとひめのみこと)

であった。


なるほど・・・

昨年末の『伊勢』での導きは間違いではなかった。




癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000