オロシヤの悪神 ~軒猿その拾壱





レイヤー構造の世界を、ペラペラとレイヤーをめくったり、重ねたりしながら見ている。


1つは、米中対立し二極化する世界という一つのレイヤー

2つ目はその上で米も中もなく二極がなんだかんだと話し合いながら『世界統一』へ向けて進む世界というレイヤー

そして3つ目は、その上には「渦の極まり」を待ちながら、虎視眈々と獲物を狙うかのようなロシア・・・というレイヤー

4つ目は「神界のレイヤー」である。





かつて北方領土二島返還をもって日ロの間で『北海道での共同事業』を話し合っていたはずのロシアが、なぜか中国が北海道へ進出するのを傍観していた・・・というのがどうも薄気味悪い。


鈴木宗男議員が『疑惑の総合商社』などというレッテルを張られ、北方領土返還をつぶされた後、中川昭一議員が『北海道が危ない』と語った直後に死に追いやられたころから中国の北海道進出が始まっているはずだ。

そんな北海道をロシアのプーチン大統領がなぜ傍観しているのか?

それがいかにも不気味である。


今や国内で盤石の地位を得たプーチン大統領。

それは、思いきり自分のしたいことが出来る環境を整えたことになる。


実はこっそりとプロパガンダを日本で行っている

それは、やがて訪れる実行の時のためのもののはずである。

しかし、いまのところ毛ほども動きが見えない

だから恐ろしい。


というのが3つ目のレイヤーである。




2つ目のレイヤーは預言にもあらわされた神々の世界の写しである。


だが3つ目のレイヤーは『地球創生期から生きながらえるオロシヤの悪神の悪だくみ』としかあらわされていない。


日の出の巻 第7帖
オロシヤに上がって降りた極悪の悪神、 いよいよ神の国に攻め寄せて来るぞ。 
北に気をつけと、北がいよいよギリギリだと申して執念(くどく)気つけてあったこと近くなったぞ。
神に縁深い者には、 深いだけに見せしめあるのだぞ。 国々もその通りだぞ、 神には依帖(えこ)無いのだぞ。 
ロシアの悪神の御活動と申すものは神々様にも これは到底かなわないと思うように激しき御力ぞ。 
臣民というものは神の言葉わからんから 悪神のことに御(おん)とつけるのはわからんと申すであろうが、 御とは力一杯のこと、精一杯のことを申すのであるぞ。 
どこから攻めて来ても神の国には悪神にはわからん仕組み致してあるから、 心配ないのだぞ、 いよいよと成った時には神が誠まことの神力出して、 天地揺すぶってトコトン降参だと申すところまでギュウギュウと締めつけて、 万劫末代 言うこと聞きますと改心するところまで揺すぶるから、 神の国、神の臣民心配するでないぞ、 心大きく御用してくれよ、 どこにいても御用している臣民助けてやるぞ。



雨の巻 第10帖
ーーー中略ーーー
オロシヤの悪神の仕組み 人民には一人もわかっていないのだぞ。 
神にはようわかっての今度の仕組みであるから仕上げ見て下されよ、 この方に任せておきなされ、 一切心配なくこの方の申す様にしておって見なされ、 大舟に乗っていなされ、 光りの岸に見事つけて喜ばせてやるぞ、 どこにいても助けてやるぞ。 
雨の神、風の神、地震の神、荒れの神、岩の神様に祈りなされよ、 世の元からの生き通しの生き神様 拝おろがみなされよ。 
日月の民を練りに練り大和魂の種にするのであるぞ、 日月の民とは日本人ばかりでないぞ、 大和魂とは神の魂ぞ、 大和の魂ぞ、 まつりの魂ぞ、 取り違いせんように気つけおくぞ。
ーーー後略ーーー



ただそれも預言では『仕組み』の一部ではあるとのことなので、これが最後の『一厘の仕組みか?』とも思う。

『残る一厘は悪の中に隠してある』ということだ。



黄金の巻 第23帖 
この神示読むとミタマ磨けるぞ、ミガケルぞ。
神示読むと改心出来るぞ。暮し向きも無理なく結構にヤサカ、弥栄えるぞ。
まだ判らんのか。苦しいのは神示読まんからぢゃ。金の世すみて、キンの世来るぞ。
三年目、五年目、七年目ぢゃ、心得なされよ。
欲しいもの欲しい時食べよ。低うなるから流れて来るのぢゃ。高うなって天狗ではならん道理。頭下げると流れ来るぞ。
喜び、愛から来るぞ。神様も神様を拝み、神の道を聞くのであるぞ。
それは⦿と🌀と🌀とによって自分のものとなるのぢゃ。融けるのぢゃ。一つ境があるぞ。
世界の人民一人一柱 守りの神つけてあるぞ。
人に説くには人がいるぞ。役員 取違ひしてゐるぞ。われよし信仰だからぞ。あまり大き過ぎるから判らんのも道理ながら、判らんでは済まん時来てゐるぞ。いざと云ふ時は日頃の真心もの云ふぞ。付け焼刃は付け焼刃。神拝むとは、頭ばかり下げることでないぞ。内の生活することぞ。内外共でなくてはならん。
残る一厘は悪の中に隠してあるぞ。





それはそうと、米CSIS『二階議員降ろし』に舵を切った。

二階議員に『中国寄り』のレッテルを張り付けて、権力の座から引きずり降ろそうということである。

相変わらずやることは昔も今も変わってはいないが、結局のところこれが一番効くのであろう。


『メディアには騙されない』と多くの人は言うようになったが、もはやすでにネット情報も『メディア』である。

様々な投稿サイトやSNSで統一した見解を流し続けられれば、結局それが刷り込まれてゆく。

ハリウッドで積み上げられた英知をもってすれば、ネットでの情報コントロールは難しいものではない。

いくらでも『ミスリード』は起こせるのである。

何も騙し続ける必要はなく、一時ミスリードを起こせればそれでいいのである。


おそらく二階議員の力が邪魔なのであろう。

中国側にとっても米国側にとっても・・・・・・

これは2つ目のレイヤーのこと



何年か経ってから『あれは嘘だった』と気付いても後の祭り・・・意味がないのである。





癒し人 Healer by Koji

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人 ヒーラー & セラピスト 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします そして女神の力で世界を癒します

0コメント

  • 1000 / 1000